top%e7%94%bb%e9%9d%a2%e7%94%a82016-006

生活について

life

豊かな経験が生徒の心を育みます

無理のない“1日の時間割”

1時限は45分授業で、1日6時限で構成されています。始業時間は、通学距離や通学時間を考慮して、生徒にとってなるべく無理のないよう、希望アンケートを実施したうえで決められています。

朝の読み聞かせ

静かな朝の15分間を「読み聞かせ」の時間に当て、職員が毎週交代で詩や物語を朗読します。数々の作品に出会うことによって、想像する力や豊かな感受性を育んだり、耳を傾ける姿勢や言葉の力を培います。

タイムテーブル

毎週水曜日はノーチャイムデー

授業の始まりや終わりの時間を知らせるチャイムが水曜日のみ鳴りません。この日だけは「時間を自分で管理する」ということによって、自立の心を促します。

商業デザイン

水曜日の午後(5・6時限)は、1年生から3年生まで全員でそれぞれが選んだ実技的科目(人形劇・和道・写実・技術家庭)の活動を行います。自分が興味を持っていることを、仲の良い友達とだけでなく、他の学年の人たちとも交流しつつ体験することによって、人間関係の幅を広げたり、一緒に一つのことをやり遂げていく達成感が得られます。秋の学校祭は、この科目の発表の場でもあります。

イベントカレンダー

4月

入学式
dscf9662
●まわりが知らない人ばかりで不安な中、先生方安心できる言葉を送ってくれました。とても心のこもった、あたたかい式でした。ここなら自分もやっていけそうだと思いました。

●クラス発表で自分の名前が呼ばれたとき、入学した実感がわき、新しい自分にリセットしようと思いました。

●これからの学校生活でどんなことがあるのか、楽しみになり、期待が高まりました。

5月
春のふれあいウォーク(中央公園)

●外に出て、みんなと歩いて遊んで笑い合うのはとても気分がいいです。自然の風景を眺めながらする話はいつもと
違うかんじがして、クラスの仲間や先輩と深く関わることができとても良かったです。

 

 

ブラインドウォーク

●暗く、何も見えなくて怖かったけれど、ペアの子が優しく声をかけて誘導してくれたので、安心して歩くことができました。いろんな言葉を交わしながら伝え合い、楽しくできたと思います。コミュニケーションの大切さを知りました。

 

 

6月
紫陽花句会

「だいじょうぶ」遠い自分と手をつなぐ

 

合宿(1年:居尻キャンプ場ならここの里/2年:富士山麓山の村OLYMPUS DIGITAL CAMERA

●レクリエーションやバンド演奏などを楽しみながら、学校では体験できない時間を過ごすことができました。たき火で焼いたマシュマロがすごくおいしかったです。

 

 

●まわりの人と協力し、呼びかけや助け合いをすることで、全体がより仲良くなれたと思います。夕べの集いでは夜のお散歩に出かけたので、ドキドキしました。

 

8月
親子で楽しむ教養講座(物語のちから)
dscf1127

●いろんな人の、たくさんの物語に触れられました。全てを通して、キラキラと輝くプラスの感情であふれています!この教養講座に参加した全ての人の物語が素敵なものになりますように!

 

 

dscf7629●サマーライブは、みんながいきいきしていて、かっこよかったです。生徒も先生も保護者も、会場が一体となっていました。音楽っていいですね。

 

 

 

10月
島実自遊祭 第八景 こころね~よる 月明かりにてらされて~dscf2386

●初めての自遊祭だったけれど、自分のやるべきことが出来てとても充実した自遊祭だったと思います。自分は中学生の頃から祭などあまり好きではなかったけれど、みんなで育てていったこの自遊祭はとても好きになれました。はじめのうちは「自遊祭なんて」と思っていたときもありましたが、作業を進めていくにつれてどんどんと自分の心が動いていくのを感じました。(1年)
●準備期間は楽しかったです。全力で何かに取り組むことでいろいろな感情が出てきます。その時は辛かったり苦しかったりするけれど、それも含めて楽しかったと思えることを知りました。

見つけたこと、学んだことは数えきれません。来年は私たちが先輩方のように1年生を支え、守っていきたいと心から思います。(2年)

dscf2420

●準備期間中は正直辛いこともあったし、人間関係でつまずくこともありましたが、みんなで乗り越えることができました。そのつまずきから学ぶことの方が多かったので今はとても感謝しています。いろんな性格の人がいるという当たり前なことをあらためて感じ、それぞれの感じ方、考え方があるということを学びました。

さらに、準備期間を通して島実を大好きになることもできました。いろんな先生方とも関わり、自分に自信がつきました。人と関わることはこんなにも楽しくて幸せなんだと気づくことができました。当時は辛かった不登校の過去にも今はとても感謝しています。辛かったことを乗り越えると幸せが待っていることにも気づきました。私にとって最高の思い出になりました。(3年)

11月
秋の遠足[ 一年生:島田めぐりツアー 二年生:静岡県立美術館 ]

●川越遺跡を歩きながら見たり、富士山静岡空港では空港内外の説明を聞いたりと、特別な体験ができました。

●美術館には、惹きつけられる作品がたくさんあり、楽しかったです。様々な美術品を間近で見て、そこに描かれている世界を自分の中で大きくしていく楽しさやおもしろさを発見することができました。

12月
課外研修[ 2年生:キャンパス見学 3年生:テーブルマナー ]

 

 

 

 

 

クリスマス会 めとめのかくれんぼ 〜ゆきどけのまほう〜

●2年生がおもしろいネタをやってくれたり、憧れだと言葉で伝えてくれたりして本当に嬉しかったです。1・2年生からのメッセージは本当に素敵で、改めてこんなに愛されている私たちは幸せだと思い、みんなから、島実から、離れたくないと思ってしまいました。島実家族の愛を感じた、最高のクリスマス会でした。

 

1月
短歌会

 

修学旅行

●すごく思い出に残っているのは、お土産を入れていた紙袋を鹿が食べてしまったことです。びっくりしたけど、笑いしか出てきませんでした。

 

 

 

3月
卒業式

2015年度卒業生 奥田慎太郎

今の僕と昔の僕
 島実を卒業して大学生になったぼく、今思うことは中学へ行かなくなってくれた自分へのありがとう。
 たった5年前のぼくの心はいつだって痛みと一緒にいました。学校へ行けなくなった先の未来は全く描けず、こんな状況を作り出した自分をただただ責め、心を休めることができたのは大好きなラジオを聴いている時だけでした。そんな状態で迎えた中学3年生の夏、ぼくは進学先を探すために様々な高校の学校説明会に参加していました。しかし、「いいなぁ」と思えるような高校はなかなか見つけられず、焦りを感じながら一番最後に参加したのが、島実の学校説明会でした。
 参加して最初に受けた印象は「あったかい」これは今でも鮮明に覚えています。先生とちょっとお話をして授業を覗いただけでしたが、生徒も先生も笑っていて楽しそうで、その雰囲気とあたたかさにとても安心したぼくは「なんだかここなら楽しくやれるかも」と感じました。そして、結果的にその雰囲気を感じられたことが、島実へと入学する決め手になりました。
 島実での3年間をひとことで表すなら、「たのしい」という言葉をぼくは真っ先に選びます。けれど、その「たのしい」という感情の中身はひとつだけではなくて、趣味の話や馬鹿な遊びをしてたのしいというものと、何かを頑張ることに対して湧いてくるたのしいというもののふたつがありました。ひとつめの楽しいについて「そんな簡単に話が合う人なんて見つからないよ」と思う人もいるかもしれません、けれどこれが見つかっちゃうのが島実なんです。ぼくも入学前は友達ができるか不安でしたが、みんな抱えてきた背景がどこか似ているからか、アイドルや音楽を語れる友達だったり、新しい趣味に目覚めさせてくれる友達を見つけることができたり、学校がある日もない日もとてもたのしかったです。ふたつめのたのしいは「どういうこと?」と思う人も多いかもしれません。実はこれ、ぼくが検定試験を頑張ったり、島実の学校祭である自遊祭関わったりする中でみつけたたのしいなんです。島実に入学すると必ず経験するのが検定と自遊祭で、どちらも目指す場所に向けてみんなと協力したり、ひとりで考えたりしながら本番まで進んでいきます。その考えたり協力したりして、もがきながら頑張ることが、たのしさにつながってくるんです。このたのしさは本当に最高で、パンフを手に取ってくれたみなさんにぜひ体感してもらいたいとぼくは思います。
 ありふれた言葉ですが、島実という学校は本当にたのしくて最高の学校です。たのしくて最高という言葉がピッタリ当てはまってしまう学校なんです。友達、先生、先輩、後輩、家族、みんな島実のことが大好きで、こんなに愛に溢れている学校を僕は島実以外で見たことがありません。当然ぼくも「島実が大好きで、愛しています」中学の時のぼくのままだったら、こんなこと恥ずかしくてとても言えませんでした。けれど、島実で3年間過ごした僕に恥ずかしいという感情はなく、胸を張って「島実が大好きで愛している」とみなさんに伝えることができます。全力で何かに夢中になったり、全力で何かを伝えたりすることは決して恥ずかしいことではありません、誇れることです。そんな全力になることの大切さを教えてくれたのも島実であり、入学以前の自分とは比べ物にならないくらいの自信を手に入れることができました。自信が持てると結構人生楽しくなるんです。だからこそあなたも島実に来てその楽しさを知ってほしいとぼくは思います。
 最後に、みんな未来を持っています。ぼくの場合はあの時中学へ行かなくなったからラジオの素晴らしさを知り、パーソナリティになりたいという夢を持ち、たのしさを教えてくれた島実に出会い、数え切れないくらいの最高を経験することができました。そして、その積み重ねの先の今、憧れだった東京へと出てきて未来を勝ち取るために毎日をたのしんでいます。この文を読んでくださったみなさんも同じで、未来を持っています。だからぜひ島実を覗いてみてください、そこにはあの時の先にある未来をたのしんでいる人がたくさんいて、その心にあたたかく寄り添ってくれる先生がいます。そしてその先には、たのしくてあの時にありがとうと思える日が待っています。